DSC07630

千葉県君津市にある久留里城。旧国名でいうと上総に位置します。
千葉県の歴史に疎いため、そもそも上総の場所から確認ですが、現在の千葉県のうち、千葉・柏・銚子の一帯が下総、市原・木更津・勝浦のあたりが上総、館山・千倉・鴨川のあたりが安房です。武蔵や上野などと比べて、なんでこんなに細切れだったのか不思議です。

DSC07631

さて、久留里城。元は里見家の本城でしたが、1590年豊臣秀吉の小田原攻めの後、里見家は小田原に参陣していたにも関わらず、惣無事令を破ったことを責められ、上総を没収、安房一国のみが安堵されました。


江戸入府後は徳川家の拠点に



その後徳川家康が関東に国替えでやってきて、各地に譜代の家臣が配置されました。里見家から没収した上総のうち久留里城は大須賀忠政に与えられています。
っていうか大須賀忠政って誰??と思いますが、なんと榊原康政の子だそうです。

DSC07636

関ヶ原の戦いで勲功のあった忠政は遠江に加増移封となり、代わって1602年土屋忠直が城主となります。
久留里城の歴史とは直接関係ありませんが、この土屋忠直という人物がとても興味深いのでぜひ紹介させてください。


武田勝頼の腹心、土屋昌恒の嫡子



土屋忠直の父は土屋昌恒です。
土屋昌恒は武田家滅亡の折、最後まで武田勝頼に同行した忠臣です。1582年3月11日、小山田信茂に裏切られた勝頼主従が天目山に向かう際、殿(しんがり)を務めました。渓谷の断崖絶壁で片手に蔓を掴んだ状態で、迫り来る滝川一益の軍勢を斬りまくり、「片手千人斬り」と恐れられたそうです。

この年産まれたばかりの忠直は母に連れられ、駿河に脱出します。ちなみに母は岡部元信の娘です。岡部元信も武田駿河衆の重臣で高天神城の城主。前年1581年3月に壮絶な玉砕を遂げています。

DSC07635

父親が片手千人斬りの土屋昌恒、祖父が高天神城の岡部元信という、筋金入りの武田忠臣の血を引く土屋忠直が生き延びることができたこと自体が奇跡ですが、その後徳川家康に登用され、徳川秀忠の小姓として仕え、20歳の時に久留里城を与えられるというミラクルが起きます。

もちろん武田家臣団への懐柔の狙いもあったのでしょうが、当時の人々の気持ちからするに、ずいぶん感動的な出来事だったのではないかと想像されます。

DSC07628

現在の久留里城は天守が再建されていますが、鉄筋コンクリートの現代風のやつです。

久留里城の地図や周辺の観光情報はこちらから。

久留里の旅行ガイド(トリップアドバイザー)
地味な観光地の久留里ですが、アツいレビューが多数。泊りがけで行くなら、複数の宿泊予約サイトの最安値を調べる機能も便利です。

なるほど秘湯の宿である。
歴史スポットめぐりの際はぜひ秘湯とセットで。1泊するとスタンプを一つ押してもらえ、10個貯まると1泊無料宿泊できる「日本秘湯を守る会」のお宿ガイドです。